1月23日、代表質問、上京、日中会館新年会、帰岡

日中会館新年会で挨拶

妻は朝から近くの公民館にコーラス練習に出掛け、私はゆっくり起きて電話連絡などをし、10時からは朝食を食べながら参議院本会議の代表質問をテレビ中継で観戦しました。立憲民主党の福山幹事長が統一会派を代表して質問に立ち、広範囲にわたって安倍政治の問題点を指摘しました。やや肩に力が入って内容豊富になり過ぎたのか、時間が足りず早口になったのが残念でした。もっとも安倍首相の方も喉を傷めたのか、頻りに咳をし始めました。

福山幹事長

12時半に帰宅した妻に送って貰い岡山駅に行き、昼食に地元名物の握りを買って、14時前の新幹線で上京しました。道中はずっと早春の厚い雲に覆われていました。

旭川の低い雲
いつもの昼食

17時過ぎに着き、タクシーで日中友好会館役職員の新年懇親会に向かいました。30人余が集まって18時過ぎに開会し、まず荒井克之理事長が開会挨拶しました。日本では既に正月気分は抜けていますが、中国では明日が大晦日、明後日が春節です。次いで宮本雄二会長代行の音頭で乾杯をして、懇親に入りました。

日中友好会館新年会
乾杯!

暫く進んだところで、私が顧問として挨拶し、新入の中国側職員4人が順次挨拶。なかなか流暢な日本語でした。美味しい料理と楽しい会話で賑やかな時間を過ごし、20時前に中座して東京駅に急ぎ、20時過ぎの新幹線で帰岡しました。いつもながら、慌ただしい東京滞在でした。

私の顧問挨拶
職員と談笑