12月25日、取材、帰岡、一生君

一生君は大盛り

朝食後、10時過ぎにチェックアウトし、10時半前から1時間ほどホテルのロビーで報道の取材を受けました。来年は60年安保から60年の節目で、当時のことを体験しているものの生の言葉を聞こうというものです。

私は、60年4月に地元・岡山の高校を卒業して東京大学教養学部に進み、まだ18歳で初めての東京生活のまま安保の激動に飛び込んだのですが、高校生徒会も経験しているのでクラスの自治委員の選挙に手を挙げて選ばれ、以来何も分からないまま自治会活動に関わっていました。有意義な体験だったと思っています。

60年安保の取材

その後、東京駅で昼食用の弁当を買ってホームに上がると、子どもたちの憧れのドクターイェローが停車しており、思わず写真を撮りました。

ドクターイェロー

道中はずっと快晴が続き、ゆっくり昼食をいただいて、15時過ぎに岡山駅に着きました。

昼食の蟹弁当

迎えに来てくれた妻の車には、一生君も乗っていて、感激でした。一生君は、ももちゃんのクリスマスパーティーの事情で、今夜は初めての一人お泊りとなるのです。夕食は、一生君の希望で、近くのうどん屋となり、彼は一人で大盛りをぺろりと平らげ、天プラも食べました。驚くべき食欲です。