12月22日、揮毫、番町文庫五月会

私の冒頭挨拶

夕方まで日程が何もない日曜日で、午後までのんびりしていて、ハッと思い出しました。今日の景品に出す色紙の揮毫をすっかり忘れており、15時から書き始めました。5枚の揮毫を仕上げ、印を押して乾くのを待ってたとうに納め、やっと間に合いました。

色紙揮毫

17時過ぎに妻と出て、18時から2時間強、番町文庫五月会の忘年パーティーに出席しました。司会の挨拶で、今年が40回に当たることを初めて知りました。お好み焼き屋の「番町文庫」の店主である山本美奈子さんの油絵の具購入資金集めに、竹馬の友や店の常連らで忘年パーティーを始めたのがスタートで、何時のころからか私の後援会に変身して継続してきました。100人弱が集まり、河原昭文会長の開会挨拶に続いて私が挨拶をし、桑原一さんの音頭で乾杯をして、懇親会となりました。

河原会長挨拶
津村さん挨拶
大塚県議はお子さん連れ
原田謙介さん

政治関係では、高井崇志、津村啓介各衆議院議員、高原俊彦、大塚愛、髙橋徹、中川雅子各県議、羽場頼三郎、森山幸治、鬼木のぞみ、高橋雄大各岡山市議に原田謙介さんが参加してくれ、羽場さんの司会で全員が1分挨拶をしました。さらにサキソフォン、尺八、琴などの演奏もあり、持ち寄った景品の抽選会をし、私も色紙のくじを引きました。最後の景品は山本店主の油絵の抽象画で、続いて山本さんが締めの挨拶をして、今年も和気藹々のうちに無事に閉会となりました。

琴と尺八
山本画伯の抽象画