12月14日、おかやまいっぽん、神伝流游泳会

神伝流岡山游泳会

朝からのんびり過ごし、15時ころにやっと腰を上げて出掛けて14時からの集会会場に向かいました。ところがどこも大渋滞で、16時過ぎにやっと労働福祉事業会館に着き、おかやまいっぽん主催の「地域のチカラをひとつに~ぎゅっとつかむ市民による衆院選」に参加しました。

既に滋賀県から来られた斎藤敏康さんの講演が終わり、おかやまいっぽん津山の活動報告の最中で、続いて各党からの挨拶となり、立憲民主党から高井崇志さん、社会民主党から野崎保さん、日本共産党から大平喜信さん、国民民主党から津村啓介さんが挨拶し、最後に岡山いっぽんの大坂圭子共同代表が閉会挨拶をして、17時前に終了となりました。野党の本気の連携が進むことを願っています。

津山からの報告
高井さん
津村さん

その後、岡山駅で所用を済ませて次の会場に向かったのですが、やはり大渋滞で、18時過ぎにやっと到着という有様でした。18時半から21時過ぎまで、神伝流岡山游泳会の総会と懇親会に出席しました。私はなかなか活動に参加できていないのですが、まず乾杯の音頭を取って気合を入れ、今年度の活動報告、会計報告と監査報告、さらに来年度の活動予定と予算案の提案があり、全て意義なく承認されました。その後は懇親で、私も質問に答えて上皇さまと神伝流のこととか私が旭川の水泳場で活動していた時の昔話など、あれこれ思い付くことを話しました。現役の皆さんの活動を切に願っています。

まずは乾杯!