11月7日、口腔、所用、外食

妻と外食

終日薄曇りで、冬の近いことを予告する空模様でした。12時過ぎに出て岡山市の西部に行き、12時半過ぎから1時間半ほど、口腔の処置を受けました。長期にわたる不始末で神経が死んでいるとのことで、かなり深く削り進みましたが、痛みはありませんでした。

岡山市西部で

15時前に帰宅して昼食を食べ、16時半に出て市の中心部に行き、17時から1時間半ほど所用に取り組みました。その間に妻も私と同じ歯科医で処置を受け、20時ころに落ち合って外で夕食を済ませました。二人とも口の処置はまだしばらく掛かりそうです。