10月13日、台風、高井さん幹事会、書展、ラグビー

高井後援会で

朝からテレビの19号台風報道に釘付けになってしまいました。一つの台風でこれほど多くの洪水が起きたのは、もちろん経験したことがありません。異常気象なのか気象そのものの変化なのか、確かな科学的説明が欲しいところです。また、上流のダムの湛水能力や放流との因果関係も検証が必要だし、自民党長期政権の国土開発行政との関係も吟味が必要です。

そうこうしているうちに時間が経ち、15時にやっと出て、13時半からの高井崇志さんの後援会拡大幹事会に顔を出しました。後援会の体制整備に着き、具体的な議論が終わりに近づいており、私も幾つかの意見を述べ、さらに激励挨拶をし、16時過ぎに閉会となりました。

幹事会全景
意見交換

次いで16時半ころから「日本の書展・岡山県の書展」を鑑賞に出掛けました。今日から2期が始まったところで、1期は見逃してしまいました。道文会の小野玲華さんが居られ、案内していただきました。黒田賢一さんや高木聖雨さんの現代書道巨匠の部は流石に見応えがあり、松嶋碧山さんをはじめ多くの県内書壇の秀作も存分に楽しみました。

小野玲華さんと
玲華さんの作品

夜は、台風被害の皆さんの苦境に思いを馳せながら、ラグビーの日本対スコットランドの試合につい引き込まれてしまいました。